「遊び」というと「不真面目」なニュアンスで
使われることもありますが、
実際のところ「遊び」だからこそ
「真面目」に取り組まないと
楽しさが半減してしまいます。

ということで、今日はこんな提案です。