一般的に、器用に練習が進めば
それが良いと思われがちですが
必ずしもそうとは限りません。

不器用なことも大事なんですよ。