何の失敗もなく上達できれば良いですが
実際にはそういうわけにも行きません。

むしろ、失敗するからこそ
軌道修正して無駄なく上達できる
というケースも少なくないのです。

だから、どんどんチャレンジしましょう。