最近は、音源や映像などで
名演奏に触れられる機会も増えていますが
それだけは感じ取れないものもあります。

できる限り “現場” に足を運びましょう。