ギターそのものを研究することは言うまでもなく大切ですが、ときには他にも目を向けてみましょう。

思わぬ発見があるかもしれませんよ。