「どんな演奏に魅力を感じるのか?」

なかなか一言ではまとめられませんが、こんなことを考えてみるのも音楽観を広げるのに役立つと思いますよ。