昨日のテーマである「拍子」もそうですが、今日の「表と裏」も意識している人は意外と少ないかもしれません。

安定感のある演奏をするために、ぜひ意識してみてください。