テンポやリズムの中で正確に弾くことも大切ですが、それだけでは窮屈な演奏になりかねません。

幅広く表現することも意識しましょう。