ミスは、できるだけ無くしたいものですね。

でも、ギターの場合はミスの種類も多く、なかなか避けられないこともありますから上手な付き合い方を考えておきましょう。