ムリや違和感のある弾き方を続けても、なかなか思うような上達はできません。

常に自分の状態を観察して、フィットする弾き方を見つけましょう。