退化しやすい部分を鍛えておくと、合理的に練習することができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。