練習していて、「何が良くて何が悪いか」を考えることはとても大切ですね。

それだけに、基準を間違えないよう注意しておきましょう。