演奏するときに暗譜したほうが良いのか、それとも楽譜を出したほうが良いのか、
どちらにも一長一短がありますから、それを踏まえて考えてみましょう。