ギターを弾くときに、同じ歌うのであれば
なるべく階名で歌うほうが良いでしょう。

 

というのも、

「今、何の音を弾いているのか?」

これを自覚することは大切ですし、
そのためには階名で歌うほうが好都合です。

 

指の形だけで覚えても
弾けないわけではありませんが
階名で音の動きを把握していると
曲の理解が進みやすいのは間違いありません。

 

また、長い間には初見力や暗譜力も上がります。

 

ですから、常に階名で歌うことを
基本にしておいてください。

 

ただ、階名で歌うと不利なこともあります。

 

特に速い音形のときなどは
階名では “早口言葉” のようになり
歌いづらくなってしまいますね。

 

例えば、同じ音が続くような場合、

「ミミミミミミミミ
シシシシシシシシ・・・」

まぁ、まず速くは歌えません(笑)

 

そんなときは、「何の音なのか」と
いうことさえ把握しておけば

「タカタカタカタカ」

など、歌いやすいように直して構いません。

 

しかし、いずれにしても歌うことは大切です。

 

歌と指を合わせるようにすると
リズムなども整いやすくなりますので
歌う習慣は確実につけておきましょう。