なぜ、歌うことが大切なのか?

 

細かいことを挙げれば
その理由は、たくさん出てきます。

 

中でも、もっとも大切なことを挙げるなら

【音楽の内容を肌で感じられるから】

ということになるでしょう。

 

『歌う』というのが、もっとも直接的な
音楽の取り組み方といえます。

 

それに比べると楽器は間接的なんですね。

 

例えば、音程が上がっていく場合。

 

その音形を声に出して歌っていると
氣持ちの高揚や飛躍などを
自然に感じられるはずです。

 

また、そのような感情を伴わないと
音程を正確に取りにくいという場合もあります。

 

でも楽器の場合は、
基本的な弾き方さえ知っていれば
感情とは全く無関係に
どんな音形でも再現することができます。

 

それでは音楽的な演奏にならないですよね。

 

だから、

【歌っているような感覚で弾くこと】

がとても大切なんです。

 

そのためには

【歌いながら弾くこと】

が一番の近道となります。

 

これは、論より証拠で、
歌いながら弾く習慣をつけると
まさに肌で分かるようになりますよ。

 

ぜひぜひ、実践してみてくださいね^^