ジュリアーニの教則本の中から、エチュードを抜粋しました。

 

 

 

曲の構造としてはシンプルな2声の練習ですが
左指の柔軟性を養うのにとても役立ちます。

 

決して慌てる必要はありませんから
丁寧にじっくりと練習してみてください。

 

音価をしっかりと伸ばすことが大切なポイントとなります。

 

上声部はもちろんですが、下声部も音がレガートにつながるよう
注意深く練習してみてください。

もちろん、メトロノームを使いながら、
テンポやリズムが崩れないようにすることが大切です。

 

 

全曲の楽譜は、下記のフォームからダウンロードできます。

 

【ジュリアーニのエチュードNo.1・ダウンロード希望フォーム】

お名前
メールアドレス

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ