【意外と多いのは・・・】

 

イメージ、想像力を鍛えることは
ギター上達のためにも大切です。

 

マズいイメージを持っていると
それに引っ張られるというのは
昨日もお話したとおりですね。

 

でも実を言うと・・・

 

マズいイメージを持つことより
厄介な問題があるかもしれません。

 

それは、

『何のイメージもなく弾いてしまうこと』。

 

マズいイメージを持ってしまうと
望んでいない方向に進みやすくなります。

 

でも、何のイメージも持たないでいると
どこに進むのかが分からなくなるんですね。

 

で、弾いてから

「あ、間違えた」

ということになります(笑)

 

で、間違えたことは分かっても
どこに進むのかがハッキリしていないので
何をどう直せば良いのかは分からないんですね。

 

もちろん、音楽的にどんな表現をすれば良いのか
そこで迷うことは意味があります。

 

でも、基本的なところで迷うのは
なるべく少なくしておきたいですよね。

 

ですから、

  • 何の音を
  • どの指で
  • どんなリズムで
  • どのくらいの強さで

弾くのかなど、楽譜を再現するという範囲の
イメージは明確に持つようにしましょう。

 

それだけで、かなり効率的な練習ができますよ^^

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ