【グッとくるところを見つける】

 

「グッとくる」という表現を使いましたが
どんな曲にもクライマックス、
いわゆる『感動ポイント』みたいなものがあります。

 

これを見つけることは練習を楽しむためにも
また演奏のレベルを上げるためにも大切ですね。

 

弾いていて「いいな」と感じられると
自然に練習にも熱が入るものです。

 

逆に、グッとくるポイントが見つからないと
どうしても氣持ちが入りにくくなり
練習も単調になってしまいますね。

 

ですから、まずはそのポイントを見つけましょう。

 

また、これは曲だけでなく基本練習などにも言えることです。

 

一見、機械的で無味乾燥に思えるような練習でも
指の動きをよく観察してみると
面白いと感じられるポイントが見つかるものです。

 

これは、「グッとくる」というのとは
ちょっとニュアンスが違いますが
弾いていて面白いところを見つけるのは大切ですね。

 

例えば、敬遠したがる人が多いスラーの練習でも
指の動かし方を面白がる人もいます。

 

一種の遊び感覚でやっているんですね。

 

面白がって取り組んでいると
自然と練習の質や量も上がり、
さらに得意になっていきます。

 

すると、さらに面白くなるという
善循環が起こってくるんですね。

 

グッとくるところや面白いポイントを見つける、
これは練習の極意と言っても良い程のことですから
ぜひ、意識してみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ