【緊張しないコツ?】

 

「ステージに立つと、どうしても緊張するんです。
落ち着くための良い方法はありませんか?」

という質問をされることがあります。

 

そんなとき、決まって言うのが

「落ち着こうと思っていることが間違いなんですよ」

というセリフです。

 

冗談が通じそうな人だったら、
もっとキツイ言い方をすることもありますが(笑)
決して、これは嘘ではありません。

 

というのも、人前で弾くのですから
多かれ少なかれ緊張するのは普通のことです。

 

それに、どうでも良いことなら誰も緊張しません。

 

つまり緊張するということは
高い価値を感じているということの
証みたいなものでもあるわけです。

 

だから、むしろ緊張を好むほうが良いですね。

 

そして「ステージで落ち着こう」と思うのではなく
普段から「もっと緊張しよう」と思うようにしてください。

 

普段から緊張していれば、ステージで緊張しても
それは『普段通り』ということになりますね。

 

普段通りなら、対処もしやすくなります。

 

ステージで“だけ”緊張するから
コントロールが効かなくなるわけです。

 

だから、緊張している状態に慣れておきましょう。

 

緊張を避けようとすると追いかけてきますが、
「まだまだ緊張が足りない」と思っていると
意外に落ち着いてくる場合もありますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ