【改めてテンポを落とす】

 

ゆっくりの練習は大切ですが、
速いテンポでの練習も必要です。

 

実際には、ゆっくりから始めて
徐々に速い練習に移っていくことでしょう。

 

しかし、速い練習さえしてれば良いというものではありません。

 

テンポを上げて不正確になるようであれば
いつでも、ゆっくりな練習に戻しましょう。

 

ゆっくり正確に弾くことは、常に基本です。

 

この基本をないがしろにすると
本物のテクニックは絶対に身につきません。

 

ゆっくりの練習から始めて
徐々にテンポアップしたとしても
必要とあらば、いつでもスピードを落とすことを
忘れないようにしてください。

 

ゆっくり正確に弾き、
そこから徐々にスピードを上げ
不正確になったら、またスピードを落とす。

 

これが本物の技術を身につけるための
唯一の方法です、

 

じれったいと感じるかもしれませんが、
これを避けていては、本当に納得の行く
演奏をすることは不可能といえるでしょう。

 

必要であれば、いつでもテンポを落とす柔軟性を
ぜひぜひ、身につけてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ