【メトロノームをフル活用する】

 

メトロノームを使うことは基本中の基本ですが
ゆっくりした練習のときには、さらに重要です。

 

自分では一定のテンポで弾いているつもりでも
いつの間にか速くなったり遅くなったりするのは
よくあること。

 

ですから、必ずメトロノームの助けを借りましょう。

 

まずは、

『絶対に弾けるテンポ』

に設定することが大切です。

 

ということは、当然ゆっくりになるわけですが、
『絶対に弾けるテンポ』で練習することで
“弾けている状態”を身体的にも感覚的にも
覚えることができます。

 

つまり、『弾けるクセ』がつくわけですね。

 

でも、最初から速いスピード、
つまり『弾けないテンポ』を設定すると
“弾けないクセ”がついてしまいます。

 

どっちが練習として効果的なのかは
言うまでもありませんね。

 

また、もう一つ注意してほしいのは

『メトロノームを追い越さないこと』

です。

 

メトロノームより速く弾いてしまったのでは
ゆっくり練習する意味がなくなってしまいます。

 

追い越すのなら、遅れるほうがまだ良いですね。

 

テンポを見失って暴走するのではなく
常に冷静に曲を追いかけられるよう
メトロノームをよく聴きながら練習してください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ