【季節に応じた管理をしましょう】

 

基本的なギターの手入れは
今までお話してきたとおりですが、
季節によって管理の仕方にも工夫が必要です。

 

例えば今の時期、つまり夏場は
氣温だけでなく湿度も上がりますから
それに合わせた管理をしましょう。

 

湿度が上がると木に含まれる水分量も増え
振動しづらくなります。

 

つまり、鳴りにくくなるわけですね。

 

これを避けるには乾燥剤などを使うと良いでしょう。

 

ただ、最近ではエアコンを使う家庭が
ほとんどでしょうから、
逆に乾燥しすぎる場合もあります。

 

あるいは、日中は出かけていて
夜だけエアコンを入れるような場合には
温度も湿度も大きく変化してしまいます。

 

これはギターにとっても、あまり良い環境とは言えません。

 

ケースにしまっていれば大きな問題はないと思いますが、
出しっぱなしにしている人は、くれぐれも氣をつけてください。

 

逆に冬場になると空氣が乾燥しますから、
木が割れる場合があります。

 

これを避けるには加湿が必要ですね。

 

加湿器を使うのも、もちろん効果的ですが、
濡れタオルを干しておくだけでも良いといいますから
上手に工夫してみましょう。

 

基本的に、人間が過ごしやすい気温や湿度が
ギターにとっても良いとされています。

 

つまり、自分自身が不快でない環境を作れば
ギターにも良いということになるわけですね。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ