【音の余韻を聴く】

 

音の立ち上がりや間隔を聴くことは
基本ではあるのですが、
そこで終わってしまうと
音楽的な演奏にはなりにくいものです。

 

できる限り『余韻』を聴くようにしましょう。

 

例えば、2分音符や全音符などの
長い音が出てきた場合、多くの人は、
音を出すタイミングは氣にするものの、
その後は無頓着になりやすいものです。

 

音の長さはカウントしているかもしれませんが
あまり意識的には聴いていないのではないでしょうか。

 

つまり、長い音符が出てくると
音を伸ばしているのではなく
ただ待っているだけになりやすいんですね。

 

これでは音楽的な演奏になりません。

 

また、これが撥弦楽器の弱点でもあります。

 

できる限り音の余韻を最後まで聴き届け
しっかりと伸ばすようにしましょう。

 

歌はもちろん、擦弦楽器や管楽器など
音が伸びる楽器では

「長い音符をどう弾くか?」

ということが重要なテーマとなります。

 

ギターでも、そこに意識を向けましょう。

 

それだけで、かなり演奏の質が上がりますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ