【音の間隔を聴く】

 

アルペジオや音階、
あるいはトレモロなどでも
重要なポイントとなるのが

『粒を揃える』

ということですね。

 

これをもう少し詳しく分解すると

・音の間隔
・音量
・音質

の3つを揃えるということになります。

 

この中で、もっとも基本的で
外してはいけないのが、
「音の間隔」を揃えることなんですね。

 

もちろん他の2つも大切ですが
間隔が揃っていなければ
どんなに音量や音質が揃っていても
粒はバラバラに聴こえてしまいます。

 

ですから、まずは徹底的に
間隔を揃えるようにしましょう。

 

また、「聴く」ということにフォーカスすると
音量や音質に比べて、間隔が揃っているかどうかを
判断するほうが簡単だと思います。

 

特に、等間隔の音形の場合は
変なリズムがついていないかどうか、
よく聴き届けながら練習していきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ