【音に耳を傾ける】

 

「音をどう出すか」ということは
言うまでもなく大切なことですが、
それと同じくらい大事なポイントとなるのが
『音を聴く』ということです。

 

弾くことばかりに氣を取られて
意外と音を聴いていないということは
よくあるものなんですね。

 

ですから、『聴く力』をつけることは
とても大切です。

 

キチンと音を聴くからこそ
技術も整いますし、
音楽的な表現もできるようになります。

 

また、チューニングなども
この『聴く力』にかかってきますね。

 

何となく“聞こえている”という状態ではなく
意識的に“聴いている”態勢を
常に整えておくようにしましょう。

 

そうでないと、極端な話ですが
ギターを弾くことが
指の体操で終わってしまいます。

 

それが悪いわけではないのですが、
それだけで終わるのは、もったいないですね。

 

指の体操から、音楽的な動作に進化するよう
音に耳を傾ける習慣をつけるようにしましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ