【半音階で左右各指を鍛える】

 

どこを押さえると何の音が出るのかという
ポジションを覚えるためには
各調性の音階練習が効果的ですが
目的を『指を鍛える』ということに絞るなら
半音階の練習を取り入れると良いでしょう。

 

半音階の練習は、工夫をこらせば
数限りなくパターンを考えることができます。

 

可能であれば、色々なパターンを
練習するに越したことはありませんが、
その前に、まずはシンプルなものを徹底しましょう。

 

具体的には、下の譜例のようなものですね。

 

 

何の変哲もない半音階ですが
これを各弦でみっちりやっておくと
かなり指は鍛えられます。

 

右手も譜例にあるとおり
6種類の運指で練習しましょう。

 

もちろん、アポヤンドが良いですね。

 

しっかりと押弦し、強いタッチで弾くと
左右ともに指を鍛えることができます。

 

メトロノームを使って
ゆっくりから限界のスピードまで
順に上げていきましょう。

 

こういう練習を継続的にやっておくことで
基礎的な“演奏体力”が身につきますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ