【そして、アポヤンドとアルアイレ】

 

右手の技術を考える上で
外すことができないのが
アポヤンドとアルアイレですね。

 

どっちが優れているか、という話ではなく
どちらも必要であり、重要な奏法ですから
両方を十分に練習することが大切です。

 

ただ、練習の優先順位については
意見が別れるかもしれません。

 

アポヤンドから始めるほうが
しっかりしたタッチを
身につけやすいと言えますが、
アルアイレから始めるほうが
リラックスした弾き方を
マスターしやすいでしょう。

 

私個人としては
アポヤンドから始めるほうが
良いと考えています。

 

というのも、指を鍛えるという点では
アポヤンドのほうが効果的だと思うからです。

 

また、アポヤンドで指を鍛えることで
アルアイレもしっかりしたタッチに
なりやすいでしょう。

 

ただ、方法論は色々と考えられますから
アルアイレからスタートして
アポヤンドを取り入れていっても
結果として力強い演奏ができればOKですね。

 

いずれにしても、必要に応じて
アポヤンドとアルアイレを
自由に使い分けられることが大切です。

 

それを意識して練習していきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ