【右手のための実践的な練習】

 

基本練習の主な目的は

・左右各指の独立性を養うこと
・左右各指のバランスをとること

という2つに要約できますが
今週は、これをもう少し実践的に
見ていきましょう。

 

まずは右手です。

 

スケールにしろ、アルペジオにしろ
様々な指の組み合わせが考えられますね、

 

特にアルペジオは、
色んなパターンが存在しますので
それら全てを網羅しようとすると
かなり大変な側面があります。

 

しかし・・・

 

どんなに複雑な組み合わせであっても
そのエキスを抽出していくと
次の3種類に要約できます。

・im
・ia
・ma

 

そして、この逆運指である

・mi
・ai
・am

を含めても、合計6種類です。

 

どんなに複雑そうに見える音形でも
分解していくと、上記の運指が
組み合わさっているだけなんですね。

 

ですから、まずはこれらの
超基本的な指使いを練習することが
かなりの近道になります。

 

どれを見ても目新しいものではありません。

 

もしかしたら、バカにしてしまうほど
単純な指使いのように見えるかもしれません。

 

でも、ここに右指を自由に動かすための
エキスが全て詰まっているんですね。

 

ですから、毎日の音階練習などで
まずは上記6種類の指使いを
徹底的に行なってみてください。

 

しばらく続けると、変化が表れてきますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ