【爪の形のポイントは】

 

爪の長さも重要ですが、
それと同じか、それ以上に大切なのが

『爪をどんな形にするのか?』

ということです。

 

と言っても、
そんなに難しく考える必要はなく
ポイントとなるのは、

『スムーズに弦を通り抜ける形』

にするということです。

 

もっと簡単に言えば

『丸くする』

ということですね。

 

基本的には、指の形に合わせて

という風にしておくと良いでしょう。

 

ただし、

と言う形や、逆に

と言う形など、多少の傾斜を付けたほうが
弾きやすくなる場合もあります。

 

この辺りは工夫してみてください。

 

しかし、爪の一部が尖ったり角ばったりしていると
弦に引っかかって弾きにくくなるばかりでなく
日常生活でも爪を引っかけて割れやすくなりますから、

このような形や

このような形、それに

このような形は避けるようにしましょう。

 

また、正面から見た形だけでなく

この図のように爪の断面も丸くすることが大切です。

 

余分な引っかかりを失くすことは
弾きやすさの点からも
キレイな音を出すという点からも、
そして爪を割れにくくするという点からも
とても重要ですから、よく覚えておいてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ