【左手の力を抜くコツ】

 

「力を抜こうと思っても、
ついつい左手が力んでしまう・・・」

 

という人は多いと思います。

 

確かに、左手は弦を押さえるので
ある程度の力は必要です。

 

でも、それも度を越してしまうと
疲れやすくなりますし、
指の故障の原因となることもありますから
十分な注意が必要ですね。

 

さて、左手の力みを失くすために
まず意識してほしいのは
『親指』です。

 

5本の指の中で、もっとも力があるのは
一番太い親指です。

 

もっとも“力を入れやすい指”と
言っても良いかもしれません。

 

そのため、弦をしっかりと押さえようとすると
ついつい力を入れやすい親指に過剰な力が
入ってしまいやすいんですね。

 

でも、親指で弦を押さえることはありません。

 

つまり、どんなに親指に力を集めたとしても
それは全て無駄になってしまうんですね。

 

すると、

「こんなに力を入れているのに
音がキレイに鳴ってくれない」

という現象が起こります。

 

特にセーハでは多いのではないでしょうか?

 

大事なのは、弦を押さえている指に
十分な力を集めることです。

 

そのためには、親指を離して
弦を押さえてみるというのもの
良い方法ですよ。

 

力は、必要なところに入れて
必要ないところには入れない。

 

これを意識してみてください。

 

すると、意外に少しの力で
音がキレイに鳴らせることに
氣づくと思いますよ。

 

 

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ