ヒント【愛奏曲の作り方5】-01

 

【愛奏曲の作り方5】

 

愛奏曲を作る5つ目のポイントは、
『飽きてからも弾く』ということです。

 

どんなに好きな曲でも
弾き続けていれば飽きるのは当然。

 

これは、どんな大好物でも
毎日食べ続けていれば
飽きてしまうのと同じですね。

 

まぁ、食べ物の場合なら、
同じものばかり食べるのは
健康に良くないでしょう。

 

でも、曲の場合は違います。

 

むしろ、『飽きてからが勝負』
と考えたほうが良いかも知れません。

 

“飽きたら終わり”という感覚では
なかなか曲の深みを感じるところまでは
到達できません。

 

飽きてきたら、
「もっと別の角度から見ることはできないのか?」
と、考えることが大切なんですね。

 

“飽きたら終わり”ではなく
“飽きたら見る角度を変えてみる”
というアプローチになると、
その曲と、より長く、より深く
付き合えるようになります。

 

そうなると、本当に愛奏曲ですね。

 

もちろん、上達にもつながります。

 

ぜひ、そんな曲を作ってみてくださいね。

 

 
ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです^^

ソロギター ブログランキングへ