ヒント【ステージに立つときの心構え】

 

【ステージに立つときの心構え】

 

ステージに立つときには、
思い切り緊張しましょう(笑)

 

よく、

「どうすれば緊張しないで弾けるんですか?」

という質問を受けるのですが、
そもそも、そこが間違い。

人前で弾くときには緊張するのが普通です。

 

ただ、極度にアガることは避けたいですね。

 

しかし、僕が見てきた限りですが、
緊張を極端に避けようとする人ほど
アガってしまいやすい傾向が
強いように思えます。

逆に、緊張を受けていれている人が
コントロールを失うほどアガるところは
あまり見たことがありません。

 

「そう言われても緊張するのはイヤですし、
なんとか普段どおり弾きたいんです」

と言われることもあります。

 

“普段どおり”というのは
たしかに大切です。

 

ただし、ステージを普段に近づけようと
するのは、あまり得策ではありません。

普段をステージに近づけましょう。

 

つまり普段の練習で、できるだけ
緊張した状態を作るのです。

その中で上手に弾けるように練習しましょう。

 

普段から緊張していれば、
ステージで緊張したところで、
それも“普段どおり”。

 

何も問題はありません。

 

だから、もっと緊張を求めてください。

 

意外と、それが落ち着くための
大きなポイントになったりするものです。